女性崇拝者

FC2ブログ
女性崇拝者 Woman worshiper

 
 私は女性崇拝者ですと何度か語っているので、その質問を数多く戴きます。
 男女ともにこの言葉には興味をお持ちのようなので、ここで少し明かしていきたいと思います。

 そもそも女性崇拝者の定義は世界中どこでも確立されたものではありません。
 
 よくフェミニスト(feminist )と比べたり勘違いしている人がいるが、根本が全く違う。
 フェミニズムはもともと低い位置にある女性の地位を向上させようとするものであって、女性崇拝者の場合女性の位置(ポジション)はすでに遥か上として考えているからである。
69-002.jpg
69-003.jpg  それではマゾヒストとの関連はどうだろう?
女性崇拝者のほとんどがマゾヒストであるがイコールではない。また、マゾヒストの中でも女性崇拝者はごく稀である。
 私でも自分と同じ本質的な女性崇拝者に会った事は数少ない。
 マゾヒストのほとんどが肉体的快楽を中心に考えているの対して、女性崇拝者の多くはそれを望んでいない。
 女性崇拝者の望みは、自らと女性の地位の差を言葉や行為、その関係を感じる事に喜び、生き甲斐を感じるのだ。
 その地位(ポジション)の差が大きければ大きいほど喜びは増すのである。
 低い位置から見上げる女性の姿こそ、女性崇拝者の望む姿なのである。 
69-004.jpg
69-005.jpg  その関係は先生と生徒・師匠と弟子・上司と部下など一般的なものから、より従属性の高いものへと下っていく。
 奥様と下男・お嬢様と召使など・・・そして女御主人様と奴隷へと・・・そして女性崇拝者はさらに下を目指す・・それは女性と同じ人間としての扱いを望まなくなる・・それだけ低い存在となり女性を仰ぎ見る事こそ女性崇拝者の真の姿となる。
 なので女性崇拝者はSMとは関係なく女性に使用される事も、苦にならないどころか喜びとして感じることができる。
 そこまで女性を崇めている者にとって、女性の身体とつながり自らの体液でその御身体汚す事など到底できるはずもないので、女性崇拝者は性行為不能者でありオナニストである。、
69-006.jpg
69-007.jpg  それでは対象者はどうなのだろう?女性なら誰でもいいのか、ということですが。
 これは実に簡単な答えで、その本人が性別ではなく実際に女性として認識できるかどうかにかかっている。
 年齢や見た目ではなくその本人の主観なので、個人差は多いにあるといえるが、経験からして決して狭いものではなく、ある意味消去法だろう。
 「私でも崇拝してくれますか」などのメールを戴く事もあるが、それだけでも女性崇拝者にとってはありがたいことである。
 私の知っている女性崇拝者さんは、ある奥様のところへ8年間、掃除や靴磨きなど家事労働だけをさせてもらっているということです。
 また、この定義を近いうちにマゾペディアに掲載したいと思っていますので、御意見を戴けると嬉しいです。
69-008.jpg

新規奴隷募集 藤崎真央
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

崇拝

ご主人様のお食事のお供で、座敷の場合
ご主人様は、下僕二人分お座布団も敷かれて
三枚の座布団に君臨されて牢名主状態です。

下僕がそれぞれに分担して片方のお手を
お絞りでお拭きします。

座敷に上がられるときには、二人で土間に
跪まついて靴をお脱がせしたりお履かせします。

揃いのユニフォームでお仕えしていたら、
八重洲の鰻屋の仲居さんが「宗教の方ですか?」
と訊いてきました。

女性崇拝も嵩じると女神や菩薩信仰に通じるのでしょう。

御利益を期待しない無償で只管な奉仕が
宗教に共通しています。

教組樣

下僕二人に君臨されていた主様は
宗教の教祖様と間違えられました。

凛としたお姿が神々しかったのでしょう。

この仲居さんも何かの宗教の信者だった
のでしょうか?

女性崇拝者の必要条件

>女性崇拝者は性行為不能者でありオナニストである。
この一文に極めて強く同意します。
その通り!
性行為不能者なんですよね。
そうならざるを得ない。

女性崇拝者の必要条件は『性行為不能者でありオナニスト』であることですね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
テレクラ・ツーショットダイヤルのイエローキャット