FC2ブログ

糞尿愛好家

久しぶりの更新です。
なんとも申し訳ない気分ですね・・・・・
HPの更新に手一杯なもので

 今回は糞尿愛好家いわゆるコプロラグニストと呼ばれる方についてなのですが・・・
実は先週末に糞尿愛好家と呼ばれている方(自称)とお会いしてお話しを伺いました。
上野のメインでない方の改札口で待ち合わせていたのですが、私があらかじめ服装を伝えておいたので先に来ていたYさんから声をかけられました。
「kazowkさんですか?」
「はい。あっ、Yさんですね。始めまして」
彼は30代半ばのスラッとした真面目そうな会社員という感じでした。
二人は挨拶もそこそこに話の内容が内容だけに「カラオケBOXでお話しをしましょう」という事になり二人で近くのカラオケBOXへ入った。
u49.jpg

飲み物と軽いスナックを注文して私から話を切り出した。
「私は自分が真性のMだと思っているのですが、実は食糞をした事はありません。もちろん聖水は何度も戴いた事がありますが、それも私からは希望する事はなくS女性様から与えられるという感じなので・・・・ところでYさんはマゾヒストですか?」
「はい、そうですね。私も真性マゾヒストだと思っています。そして行き着いたところがコプロだったんです」
「そうですか。それでは食糞はいわゆるお仕置きの一種なんでしょうか?それとも御褒美なんですか?」
「どちらとも言えると思います。いわゆる女御主人様への愛の証しと捉えているんです・・というより服従の証ですかね」
彼はちょっと照れながら語った。
「私の場合、お仕えする女御主人様に心の底から心酔しきってしまうんです。彼女を崇拝すればするほど彼女と自分との位置をもっと遠ざけたいと思うのです。彼女は神のような存在私はその下にうごめく虫けら以下の存在と・・・」
「それで食糞を?」
「そうです。もちろんそれが汚い物である事はわかっています。しかし彼女の身体から出たものだから私などにはもったいない物なんだと、言い聞かせます」
「女御主人様の方もそれを望んでいるんですか?」
「最初からその行為をすぐに・・・という方はまずいませんね。私も望んだりはしません。しかし私の忠誠が本物でその証拠に女御主人様の黄金を戴く事も喜んで・・・などと言ったりしてる内に・・・本当にできるの・・などという展開になっていきますね」
「う~ん、それは確かに究極の主従関係ですか・・」
私は少し驚いた・・・・今まで私はパンティを顔にかぶされて舐めさせられたりアヌスを直接舐めさせられたりしてマゾの喜びに浸っていた事はあるのだがそこまで要求するS女性様はまずいなかったからだ。
 私ももちろん女御主人様である方からその行為を望まれたらがんばって努力はするが・・・・あえてという感じだからだ。
u59.jpg

「ところで完食できるものなのですか?」
「難しいですよ。私はもう大丈夫ですが、最初は意気込んで口の中に入れますが吐いてしまう人が多いですね。やはり強烈な匂いと刺激でやられてしまう人が多いですね」
「そうでうよね、やっぱり。身体に異常は出ないんでしょうか?」
「いえ、何度も続けてというのはまず無理ですね。私は多くても月に1回か2回です。しかも食した後は抗生物質を飲むようになりました。やはり菌が多いので身体にはよくないんです」

その後1時間ほどいろいろな話をして別れました。
彼のM人生や今お仕えしている女御主人様の事など・・・・歌も歌わず2人でカラオケボックスで対談して参りました。
私をいい気分にさせたのは彼の言った一言でした。
「私は自分がマゾである事を幸せに思っています」


食糞といえばこのレーベルには驚きです・・・・・
sample-wcm-18.jpg


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

No title

私が心の底から敬愛するミストレス様、杏子様の黄金を御馳走として頂くことは、私の夢です。
私が作ったカレーライスを杏子様に食べて頂き、食べ残されたライスの上に、直に黄金(カレー味)を排泄されます。それこそ、杏子様に作って頂いた特製の黄金カレー。それを、杏子様の足元にひざまづいて犬食いする自分の姿を日夜想像しています。
ミストレス様が奴隷に黄金を食させるのは、最も惨めな家畜扱い。絶対的な上下関係の証とも言えます。
私もマゾに生まれたことを神様に感謝し、心の底から幸せに感じます。

No title

ヒロユキ さん
そこまで思う事のできるミストレスがいらっしゃって幸せですね。
少しうらやましい気分です・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

黄金、夢ですね。
今、お仕えしている女御主人様の体内で熟成されたもの。
女神ですから、やはり正しく黄金です。
私はコプロラグニストではないので、今の女御主人様にめぐり合うまでは
黄金は妄想であり、それは強制的に食べさせられ堕とされる行為であり、
完全に人間で無くなる最後の砦ような感じでした。
ところが、今の女御主人様に、マゾであるまじき人としてまで恋心を抱いてしまい、その苦しみから逃れたいが為、そこまで堕ちたいとの想いを抱き始めました。
何時の間にか、そういった時も過ぎ、今では、お仕置きでもなく、堕ちたいからでもなく、ただただ、何時の日か御褒美として頂きたいと夢見ています。
女御主人様から生み出される賜物。正しく下賜されるといった感じです。
何気にお伝えはしていますが、未だ頂く事は出来ては居りません。
あくまで女御主人様からの御褒美ですから。きっとその時は感涙にむせぶと思います。
お会いできない時間に御主人様に捧げたSM私小説なんかにも書きましたが、
後で読み返すと、SM小説が純愛小説か判らないようなものになりました。
正しく、小生にとっては夢ですね。

No title

ニップルさん
女御主人様を崇拝なさっている様子がよく分かります。
下賜される・・・・なかなか的確な表現で納得です。
テレクラ・ツーショットダイヤルのイエローキャット