S女性様のために出来る事

FC2ブログ
43-1.jpg  気温も上がり夏が近づいてきて奴隷の方々も少し楽になったのではないでしょうか?
 なぜなら気温が低い時の鞭は本当に痛いからです。寒い部屋や野外でも女御主人様は毛皮などとても暖かい格好をなさっていますが奴隷はもちろん全裸ですから。
その体に鞭をお当てになり、泣き叫ぶ奴隷に向って「お前のおかげで暑くなってきたじゃないの、どうしてくれんのよ!」・・・などと言われる季節も過ぎましたね。 
 さてやはりこのHPに訪れる方の最大の関心事は女御主人様との知り合い方ですね、多くの方から様々なメールを頂戴していますがなかなか全てにお返事ができなく申し訳なく思っています。
そこでこの場を借りて少し違った角度からお話させて戴きます。
43-2.jpg
43-3.jpg  なぜ女御主人様にめぐり会えないのか、どうしたら会う事ができるのだろうか・・・そう考えるのは当然です。
 まず、奴隷を求めるS女性様なんているのか?そういう疑問を抱く方が多いと思いますが、ここにくるメールやアンケート、そして様々な場所で実際にお会いするS女性様のお話などから判断してかなりのS女性様が奴隷を求めている事は間違いありません。 
 ではなぜ会えないのでしょう・・・・その答えは簡単ですそのS女性様が表に出てこないからです。
何人もの方とメールのやり取りや電話でお話ししたりしているのですが彼女達(S女性様をあえてこう呼ばせて戴きます。お許し下さい)はリスクをものすごく恐れているのです。
 たとえば調教中に逆ギレして襲われたり、ストーカーのようにつきまとわれたりする。そうです実際にこのような事はあったのです。
そんなリスクを承知しながらも奴隷探しをしているS女性様はおそらく20%もいないのではないでしょうか? 
43-4.jpg
43-5.jpg   M男性でさえ実際に奴隷志願をする方は50%もいないのではないでしょうか。
やはりリスクを恐れていたりします、その数倍S女性様はリスクを恐れているのです。
ただ、思っているだけの隠れSや隠れMとして暮らしている方がほとんではないでしょうか?
しかし本当は彼女達は奴隷が欲しいと切々に語ってくれます。
ではどうしたら良いか、それは安心してお使いできる奴隷として彼女達の目に晒す事です。
 彼女達の求めている者は決して逆らわない
従順な奴隷。
 全て女御主人様である自分を優先し玩具として使用される事に喜びを感じる奴隷
そして何よりも安心して嬲れる者。そんな者を奴隷にして使いたいという事です。
 いろいろ案を巡らしてみましたが、奴隷紹介所を作る、あるいは奴隷検定を設けて奴隷1級などという資格をつくる(笑)など・・・・・
思いは膨らみますが・・・・・ 
43-6.jpg
43-7.jpg  しかし正直言ってM男性側にもかなり問題のある方が多いですね。
もちろんSMの楽しみ方なのでそれはそれでいいのですが奴隷志願をする限りは自らの肉体的快楽を求めるような事はしないで戴きたいですね。
それは別な場所で楽しむところがありますから、踏んで下さい、唾をかけて下さい舐めさせて下さいと~下さいM男さんは奴隷としては求められていませんので御注意下さいね。 
 実は今回の「真性奴隷プレイ」もそのような事から生まれたものです。
SMクラブ様に協力して戴き、職業女王様ではない真性Sの女王様に奴隷を育ててもらえないかと思ったわけです。
 いち早くご参加して下さった右のお写真のネオ・アリス(大阪)のレイ女王様ですが
「体を洗ったり、コーヒーを入れたり、マッサージをしたり勿論、女王様の仕草や、一言を的確に察知し、居心地の良い状態を保てない奴隷にはキツイお仕置きが有ります」
と嬉しいお言葉まで頂戴し新幹線に乗って伺おうかと思ってしうほど奴隷心が疼きました。(笑)
43-8.jpg
43-10.jpg  彼女達真性S女性の女王様方はいろいろなイベントにも参加されており、S女性様のネットワークも持っている方が多いです。
 奴隷としての心得を学べるだけでなく、運がよければ女御主人様をご紹介などとうまい話が・・・・あればいいですね。(笑)
何人かの方は本当に個人奴隷を探しているようですが・・・

 大切なのはS女性様方も真剣にそして注意深く奴隷を探しているという事です。
 ですから少しずつ自分をわかって戴き信頼を得る事がとても大事です。
 あるS女性様が仰っていました、「奴隷を探すのは結婚相手を探すよりも難しく、そして選ぶのも慎重になるわ」
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

非公開コメント

S女様にとっても、M男性にとっても、出会いのリスクを感じずにはいられません。
M男性の立場では、職場、家庭でのスキャンダル発覚が最も心配な点でしょうか。
まさに「虎穴に入らずんば虎児を得ず」ですね。
私自身は、S女様との相性を最も大切に考えています。
「奴隷紹介所」の設立、実現すればいいですね。
真剣に奴隷を願望している真面目なM男性もきっとたくさんいると思います。



ヒロユキさん
ありがとうございます。しかしながら私は誰か他の方が奴隷紹介所のようなものを作ってくれないかと期待しているのです。
私自身にはそのつもりはないのですが・・・・奴隷検定みたいものには参加して作り上げたい気持ちはあります。
真面目なM男性のために何とかしたいものです。

はじめまして

はじめてコメントさせていただく「yuu」と言います。このHPを見てS女性様へのお仕えの仕方等
とても勉強になっています。

私自身隠れMで今まで女性様にお仕えしたことはないのですが、この記事をよんでS女性様もそのようなことを思われているのだなとわかりました。
奴隷検定など本当に実現できたらいいですね!

私も女性様に満足して戴ける奴隷になりとこの記事を読んで強く思いました。

yuuさん
ほとんどの方がyuuさんと同じ思いを抱いていると思います。実際には御仕えした事はないが、でもいつかは・・・・その気持ちが大事だと思います。
奴隷検定・・実現したいですね。

奴隷検定、面白そうですね。
実現したら是非拝見したいです。

奴隷の心得関連の記事はとても勉強になります。
でもなぜかこの手の記事を読むとマゾ小説とかのダイレクトな記事よりも興奮してしまいます(笑)
テレクラ・ツーショットダイヤルのイエローキャット