世界のFemdom事情2

FC2ブログ
  今回はタイのFemdom事情についてレポートします。
海外から見るとタイは日本と同じアジアのFemdom大国です。
もちろん日本のようにSMクラブが乱立してあるわけではありませんが、海外では有名なお店が数店存在します。
45-1_20110521211503.jpg 45-24.jpg 45-3_20110521211502.jpg
 日本と大きく違うのはその施設は国内には向いていなく、あくまでターゲットを外人にしているところである。
 アジアの女王様はアジアンミストレスと言われ、海外のM男性には人気が高い。
 オリエンタルな雰囲気、特に黒髪の魅力はたまらないというをよく言われる。
45-12.jpg 45-13.jpg 45-7.jpg 45-21.jpg
 しかし、SMクラブの評価は圧倒的にタイの方が高いのある、日本のクラブは客層をあくまで国内に絞っており、ほとんどのSMクラブでは外人を断っていたりする。
 さらにはタイのようなダンジョンと言われる立派なプレイルームが存在しないのも一つの要因になっている。
 そういった意味ではタイはアジアナンバー1のFemdom国なのかもしれない。
45-5_20110521211542.jpg 45-4_20110521211543.jpg 45-2_20110521211543.jpg
 さて、それではタイのミストレスは皆職業女王様なのだろうか?
そうではない、それでは海外のM客が何度もリピートに訪れたりはしない、彼女達はプロに技術を身につけた本物のS女性がほとんどだという事だ。
 それは彼女達のプレイを見れば分かる。プレイルームで繰り広げられるものの中には残忍なプレイも多く存在する。
45-14.jpg 45-9.jpg 45-8.jpg 45-18.jpg
 急所を徹底的に痛めつける、いわゆるCB/Tや電気ショックなどの場面では泣き叫ぶ奴隷を楽しむように甚振るミストレス達の美しい笑みが映し出されていた。
「痛いか?白ブタ。もっと泣いてみろ!ほら、もっとだよ」
「ひぃぃぃ~・・・・」
それは間違いなくSの表情だった。
貼り付けた画像の中に乳首とペニスに電気を与えるものがあるが首まで固定されて身動きできない状況で徹底的に嬲られているものがあるが、それからも想像ができるだろう。 
45-16.jpg 45-15.jpg 45-22.jpg 45-17.jpg
 また、各クラブに在籍の女性達も美形やオリエンタルな残酷な瞳を持っている方々が多いのも魅力だ。
 あとひとつ情報を加えておくと、人間便器プレイを望むのは圧倒的に日本人が多いそうだ。
 最近ではSMバーなども出来て連日大賑わいで、素人の女性も参加するようになっているみたいです。
これからも目が離せませんね。
45-20.jpg 45-10.jpg 45-11.jpg 45-6.jpg
 
 
SMクラブの満足度調査にご協力を!

ゴム手袋製造会社のOL4人
logod.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

非公開コメント

テレクラ・ツーショットダイヤルのイエローキャット